推しの結婚を知ったらどうする?つらい気持ちの乗り越え方とは

推しが結婚してしまってつらい時は

  • 無理に何かせずに、時間が解決してくれるのを待つ
  • 逆に忙しくして考える時間を作らないようにする

のどちらかの乗り越え方があります。

 

これからもファンを続けるか辞めるかは、その時の感情だけに任せて決めると後悔してしまうことも…

 

 

そこでこの記事では

  • 好きな芸能人が結婚してしまってつらい時に立ち直る方法
  • 推しが結婚してしまった人は推し続けるのか?
  • 推しが結婚するとショックを受けてしまう心理

などを詳しくご紹介します。

 

推しの結婚を素直に喜べなくて、複雑な感情をどうすれば良いのかわからないという方はぜひ読んでみてください。

好きな芸能人が結婚した時の対処法や立ち直り方

f:id:kr0pyon:20210929235513j:plain

立ち直り方

時間が解決してくれるのを待つ

相手がたまたま芸能人だっただけで、ショックな気持ちは現実の恋愛と変わらないですよね。


なので恋愛で考えてみると、もし失恋した時は気が済むまで泣いたり、落ち込んだり自分の中で納得できるようになるまで淡々と生活していくのではないでしょうか。

 

 

無理に早く立ち直ろうとしなくても良いと思います。


いっぱい泣いて、いっぱい寝て、誰かに話を聞いてもらって、自分の感情に素直にとことん落ち込む。


今はつらいかもしれませんが、きっと気持ちの整理がつく時がきます。

 

推し以外の人やものに目を向けてみる

これを機に推し以外の趣味や興味を持てるものを見つけるというのもありですね。


同じように芸能人でもいいでしょうし、芸能人は芸能人でも今の推しとは違うジャンルのものを見てみるのもいいですよね。

 

 

また興味の対象は人でなくても構いません。


何かに打ち込む、美味しいものを食べに行く、友達と遊ぶなど積極的に楽しそうなものを探してみると良いですね。

 


落ち込むのが嫌、早く切り替えたいという場合は、家でじっとしているよりもとにかく動いてみましょう。

 

推し以外にも好きなものを増やすと、こういったつらいことがあった時に心の支えとなってくれることもありますよ。

 

自分を磨くために時間を使う

いままで推しのために使っていた時間やお金を、自分のために投資してみるのはいかがでしょう。


外見への投資でも良いですし、勉強なども良いですね。

 


自分も成長できますし、何かに集中すればショックなことを考える時間が減ります。

 

他の趣味を見つけるのと同じく、わざと忙しくしていると悩む暇もなくなるので少し気がまぎれますよ。

 

推しが結婚したときの対処法

推しの結婚が発表されたら、ファンを続けるのかどうかは人によって様々。


ここではこういった事態に直面した場合に、どのように気持ちを切り替えるのかをまとめてみました。

 

替えが効かないくらいの存在の場合

長く一人を応援していたり、
今までこんな思いは経験したことがないくらいこの人のことが好き!

という特別な存在の場合、ファンを辞めることはなかなかできないと思います。

 


もしこれから先も「この人の活躍を見たい」という思いがあるなら、心の整理がついたら結婚の事実をそっと受け入れてあげていままで通り応援するのが良いでしょう。

 

これは人に対してだけではありませんが、好きという気持ちは自分ではコントロールできません。

 


本当は嫌いとまではいかなくても、興味を失うことができれば楽です。


でも、それが難しいのですよね。

 

もし感情に任せてグッズなどを処分してしまったら、後悔するかもしれません。

 


その人が結婚してショックでも嫌いになれないならば、

そしてこれからもその人が活動を続けるならば、自分の心に素直に、とりあえず変わらず応援してみるというのが良いと思います。

 

推し変できそうなら他の人に目を向けてみる

どんなに好きでも、奥さんの存在がちらついてしまうともう応援できない…という場合もあると思います。


ファン心理としては、「みんなの○○くん」のはずだった推しがたった一人のものになってしまうわけですからね。

 

 

それがどうしても受け入れられない!という時には、そういった面に関してファンのことを考えてくれるような新たな推しを見つけるというのも良いのではないでしょうか。


きっかけは結婚かもしれませんが、結婚しなくても推し変することはありますよね。

 

 

好きだし、結婚はショックではあるけど「絶対にこの人でなければ」というくらいの絶対的な存在まではいかないという場合。


他にもたくさん魅力的な人はいると思いますので、気持ちを切り替えて他にも目を向けてみましょう。

 

応援の仕方を今までよりライトに

すぐに興味を失ったり、気持ちを切り替えるのはなかなか難しいと思います。


なのでとりあえず、これまでよりライトに応援していくという感じに切り替えていくというのも手です。

 

 

これまでライブに行く、雑誌を買う、グッズも買うなどお金を使っていたとしたら、よりショックも大きいでしょう。


なのでとりあえずお金を使うのは控えて、推しのこれからの活動を見て応援し続けるか判断するのも良いのではないでしょうか。

 

 

それでもやっぱり受け入れられないときは、徐々に気持ちも無くなっていくのではないかと思います。

 

推しの結婚を素直に喜べない…複雑な心境の理由

「好きな人の幸せを喜べない自分は、人としてだめなのだろうか…」

「別につき合えるとか結婚できるとか思っていたわけではないのに、どうしてこんなにショックを受けているのだろう…」

と、なんだか自分の感情についてよくわからなくなることもありますよね。

 

 

好きな芸能人が結婚してしまってショックを受けるのは、当然の感情だと思います。


その理由を見ていきましょう。

 

頭では理解できても、心では理解しがたいから

相手は芸能人で、自分とは違う世界の人ということは理解している。


自分が推しと結婚できる、できないとか考えて応援しているわけでもない。


しかし自分はファンとして好きなのだと頭では理解していても、やっぱりどこか異性として好きという感情ももちろんあるでしょう。


なので好きな人が結婚してしまったら、身近な人であろうが遠い存在と思っている人であろうがショックであるというのは普通の感情ですよ。

 

 

人によっては自分で「相手は芸能人だとわかっているけど恋をしている」というのを自覚している人もいると思います。


そういう人と比べると、勝手に湧き上がってしまうショックだという感情をどうすれば良いのかわからなくなってしまいますよね。

 

 

なぜかショックだというのは多くのファンの人が感じていると思います。


芸能人が結婚すると「○○ロス」という言葉も出てきますよね。


ということで、普通の感情ですのでご安心ください。

 

一人の人間として好きになっているから

好きになった人がたまたま芸能人だっただけで、身近な人を好きになる、良いなと思うのと変わらない感情だと思います。


自分のものになるとは思っていなくても、芸能人という職業の特性上「みんなのもの」という意識があり、「誰のものにもならないでほしい」という思いは多くの人にあるでしょう。

 

 

特に推しがアイドルの場合は「夢を売る職業である」という認識をしている人は多いので、その夢を壊されるような行為は受け入れがたいのは当然です。


これが俳優、バンドマンなどの場合も、アイドルほど顕著ではなくても同じような立ち位置と考える人は多いでしょう。

 


なので相手の職業がたまたま芸能人だっただけで、普通の恋愛でも感じる感情とそう変わらないということですね。

 

日々の生活の中で心の支えとなっているから

  • 推しの活動が日々の楽しみ
  • つらい時に推しの存在が心を支えてくれた

という人も多くいるでしょう。


ある意味、推しのことを考えたり、見たりしている時は「現実逃避」をしている状態といえますよね。


推しを見ている時だけは幸せというような感じの人もいますよね。

 

 

そこに「結婚」という事実があると、どうしても結婚相手の存在を意識してしまい「現実味」が出てきてしまいます。


見えなければ気にならないことも、事実として突き付けられた瞬間から気になってしまうものです。


人の脳は考えないようにしようとすると、逆に考えてしまうものなのですね。

 

 

もし自分の私生活があまりうまくいっていない時期などに推しを心の支えとしているとしたら、

「現実もつらいのに、推しを見ていてもつらい…」

というきつい状況になってしまいますので、受け入れがたいのは当然ですよね。

 

推しの結婚のショックからの立ち直り方まとめ

推しが結婚して心がしんどい時は、

  • 時間が解決してくれるのを待つ
  • 考える暇を作らないように忙しくする

のどちらかの方法で乗り切るしかないと思います。

 

 

なるべく早く気持ちを切り替えたいという場合は、

  • 推し以外の人やものに目を向けてみる
  • 自分を磨くために時間を使う

というのがおすすめです。

 

 

相手が芸能人でも、恋愛感情があってもなくても、好きなわけなのでショックなのは当たり前の感情です。


どのような理由があるにせよ、ファンとしては推しが結婚するというのはとても複雑な感情ですよね。


誰かを好きになるというのは、こういった感情を伴う可能性もあるということ。


今はショックかもしれませんが、時間とともに落ち着いてくると思います。