親戚の集まりって行かないとだめ?気まずくならない回避の方法

血がつながっているとはいえ、普段あまり会わない親戚も多いでしょうから、

「冠婚葬祭は行くけど、親戚の集まりは行かない」

という人も意外と多いものです。


今後のことを考え、親戚付き合いが大事だと考えるなら行った方が良いと思います。

 

しかしそうでなければ、親戚だろうが普段から交流がなければ他人と変わらない部分もありますし、無理して行かないという選択もありではないでしょうか。

 

 

例えば特定の苦手な親戚がいるけど、祖父母には会いたいなどの考えがあれば、集まりには不参加で、あとで個人的に挨拶に行くでも良いですよね。


集まりに参加しないとうるさい人がいるなら、不参加でもお菓子などのお年賀を送っておくなどの対処法も。

 

 

貴重な休みを苦痛な時間にするのはもったいないですよね。


そこでこの記事では

  • 親戚の集まりに行かない場合に使える理由
  • 集まりに行く場合の苦痛を減らす対処法

などを詳しくご紹介します。


親戚の集まりが憂鬱な方はぜひ参考にしてみてくださいね。

親戚の集まりから逃げるときに使える言い訳

f:id:kr0pyon:20211202000031j:plain

今後の親戚付き合いを考えたうえで、「貴重なお休みを親戚付き合いに使いたくない!行くのやめよう!」となった時の言い訳をご紹介します。


基本的には、行かないと決めた場合は何か予定を作りましょう。

(親戚が遠方などで家にいてもバレないなら、本当に予定を実行しなくても大丈夫です笑)


使えそうなものがあれば使ってみてください。

 

仕事やバイトが入っている

一番使いやすいのはやはり仕事関係の予定ですね。


接客業なら祝日や一般的にお休みの人が多い時期は、バイトといっておけばまず怪しまれないでしょう。

 

 

また一般的には都会などに出て、仕事や事業が上手くいっている、成功している人はほとんど地元や親戚の集まりのために帰らないという話もあります。笑


ですので何の仕事をしているか親戚が知らない場合は、仕事が忙しいといって全く帰らなくても不思議ではないと思いますよ。

 

インフルエンザや風邪

例えば腹痛くらいだと、

「治ったら来てね」とか
「挨拶くらいはできるんじゃない?」

といわれてしまう可能性があるので、「移してしまうと悪いから!」といって断りやすい風邪といっておきましょう。

 

 

もしあなたの家に親戚が集まるような場合は、風邪よりもインフルエンザくらい言ってしまった方が親戚の前に出なくて済みますし、部屋に籠りやすいでしょう。

 

旅行に行く

お盆や正月休みなど、長期の休みの時にはなるべく旅行の予定を入れてしまうのはいかがでしょうか。


「仕事の関係で長期の休みのときしか行けないので!」といっておいたり、毎回休みの度に旅行に行っているイメージをつければ、集まりに行かなくてもそのうち親戚も気にしなくなるかもしれません。

 

 

この理由は長期的に親戚の集まりを休むことも可能ですね。


本当に旅行に行くなら、ちょっとしたお土産を送っておくと気まずさも回避できそうですね。

 

初売りに行きたい

お正月の集まりなら初売りに行くといってしまうのも手です。


「友達と約束してしまったので」

「友達がどうしても一緒にというので」

など、友達の存在を出して集まりに参加することを断りやすくしましょう。

 

カウントダウンライブのため遠征する

年末から年明けまで予定が空いていないことを主張しましょう。


あなたの実家に親戚が集まる場合は、事前にビジネスホテルなどを予約しておくと集まりを回避し、一人でのんびり過ごせますね。

 

一人暮らしの友達の家に行く約束がある

  • 一人暮らしの友達が風邪をひいてしまった
  • 一人暮らしの友達が正月は一人で寂しいというので…

など、「困っているので助けに行ってきます」という理由はいかがでしょうか?

 

友達が困っているといえば「親戚の集まりよりそっちが大事なのか!」とも言いにくいでしょうから、納得してもらいやすいですよ。

 

親戚の集まりに行って気まずい時の対処法

行きたくなくても、親に「ちゃんと顔出しなさい」など言われて行かなければならない…という場合もありますよね。


そんな時は、なるべく集まり中のストレスを減らすことを考えましょう。

 

話を振り聞き役になり、こちらのことは聞かれないようにする

親戚の中には結婚や恋人について、子供に関すること、仕事に関することなど根掘り葉掘り聞いてくる人や失礼なことを言ってくる人もいますよね。

 

そういった口うるさい親戚にいろいろ聞かれるのが苦痛な場合は、なるべくこちらが先に質問するようにして、聞き役に徹するようにしましょう。


そして相手が気が済むまで話したら、そっとその場を離れるといいですね。

 

別室や犬の散歩に行く

親戚が集まる部屋の他にいけそうな部屋があれば、挨拶が終わったらそこに避難してみましょう。


パソコンなどを持っていって、仕事をしているふりでもしておけば無理に話しかけてくることもなく、孤立しても時間を潰せます。

 

 

また犬がいたら散歩に行ってみたり、食材や飲み物などの買い出しがあれば積極的に出るようにしてみてはいかがでしょうか。

 

苦手な人がいる場合は距離を取る

特定の話したくない人がいる場合は、挨拶が終わったらなるべく距離を取っておきましょう。


集まりは頑張っていったのですから、苦手な人と顔を合わせて嫌なことを言われるなどのストレスまで受けることはありません。

 

挨拶だけしてすぐに外出し避難

もし集まりに行っても「この後用事があって…」といって挨拶だけしてすぐに帰るという方法もあります。


あらかじめ「今日は○時には出ないと行けなくて…」といっておけば、挨拶とちょっとした世間話の時間を我慢するだけで済みます。

 

 

スマホのアラームをセットしておいて、「仕事の呼び出しで~」など言っておけば抜け出しやすいですね。


自分の家に親戚が集まる場合は「ひとりカラオケ」や「ネットカフェ」に行って時間を潰すのがおすすめ!

 

親戚の集まりが苦痛な時の対処まとめ

もし親戚の集まりを回避する場合は、

  • 仕事やバイトが入っている
  • インフルエンザや風邪
  • 旅行に行く
  • 初売りに行きたい
  • カウントダウンライブのため遠征する
  • 一人暮らしの友達の家に行く約束がある

などの理由が使えるかもしれません。

 

 

また頑張って集まりに行く場合は、なるべく苦手な人や話題は避け、できれば挨拶だけして抜け出せるように考えておくと心の負担が減りますよ。


ぜひ参考にしてみてくださいね。