おしゃれ着を手洗いするのがめんどくさい時は洗濯機で洗おう

おしゃれ着が多くて手洗いするのが面倒なときは、

「洗濯機のドライコースで洗う」

または

「洗濯頻度を抑えてクリーニングに出す」

という方法があります。

 

このドライコース、おしゃれ着を洗う際の強い味方なのですが、意外と存在に気づいていない人もいるのですよね。

 

 

この記事では、

  • ドライコースで洗濯するメリット
  • ドライコースでなるべく衣類を守るためのポイント
  • ドライコースで洗えない洋服はどうすればいいのか

などを詳しくご紹介します。

 

おしゃれ着を毎回丁寧に手洗いしていてクタクタになってしまう人はぜひ見てみてくださいね。

おしゃれ着を手で毎回洗うのが面倒な時の対処法

f:id:kr0pyon:20210902231536j:plain

洗濯機のドライコースとは

通常コースでの洗濯しかしたことがないと気付きにくいかもしれませんが、多くの洗濯機に「ドライコース」というものが存在しています。


これはおしゃれ着を洗うのに適している、おしゃれ着専用の洗濯コースなのです。

 

 

通常コースとの違いは、

  • 洗濯層の動きが少ない
  • すすぎの水流が弱い
  • 脱水時に衣類が絡まないようにしてくれる

などで、動きや水流を弱めることにより衣類に優しく洗濯ができます。

 

メーカーによってこのコースの名前は

「おしゃれ着コース」
「ソフトコース」
「手洗いコース」

など異なります。


洗濯機を見てもわからない場合は、説明書を読むかメーカーの名前で検索してみてくださいね^^

 

ドライコースで洗うときの注意点

洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤

ドライコースで洗うとき、洗剤はオシャレ着用の中性洗剤を使用してください。


身近なところだと「アクロン」や「エマール」などですね。

 

その他にも

  • ウールやカシミアに適したもの
  • レースやシフォン素材に適したもの
  • 毛、絹、綿、麻、合成繊維など全般に適したもの

など洗剤の種類もたくさんあります。


自分の持っている洋服で「この素材が多いな」というものがあれば、素材に適したものを選ぶのも良いでしょう。

 

洗濯には綺麗な水を使う

おしゃれ着用の「中性洗剤」は、通常の洗濯で使う「弱アルカリ性」よりも服を傷つけないようにする分、洗浄力が弱いです。

 


よほど目立つ汚れでない限り大丈夫だと思いますが、お風呂の残り湯などを使う場合汚れが落ちにくいことがあります。


そのためおしゃれ着コースで洗濯する際は、なるべく綺麗な水を使うことも大切になります。

 

洗濯機に入れる前のポイント

おしゃれ着を洗濯機で洗う際は

  • 必ず洗濯ネットに入れる
  • 洗濯ネットに入れる前に衣類を裏返す
  • 洗濯ネットに入れるときは軽く畳む

などの手間をかけることで、より衣類を傷つけずに洗うことができます。

 

 

特にボタンやスパンコールなどの装飾が付いているものは、必ず裏返しましょう。


おしゃれ着を洗う際の洗濯ネットは、「クッション性のあるもの」「目の細かいもの」がおすすめです。


また徹底的に洋服を守るなら、1枚1枚別の洗濯ネットに入れるようにしてみてください。

これをすることで、服同士の摩擦も減らせますよ。

 

おしゃれ着を干すときの注意点

おしゃれ着を干すときには、形を整えてから干すようにしましょう。

これをするのとしないのでは、仕上がりが変わってきます。


また伸びやすい素材やニットなどは、平干しの洗濯ネットを使用してくださいね。

 

衣類によってはクリーニングも活用

すべてのおしゃれ着をクリーニングに出すのは、金銭的な問題で難しい場合もありますよね。


洗濯表示を見たり、これはクリーニングに出すほどではないな…という服は洗濯機のドライコースに頼り、

  • 洗濯機で洗えない衣類
  • 数万円単位の服

など、大事な衣類はクリーニングなど決めておくのも良いでしょう。

 

 

また冬などは1回着たらすぐ洗わないで、数回着たらまとめてクリーニングに出すというのもアリだと思います。


下着など肌に直接触れる衣類でないならば、衣類の傷みを気にして数回着てから洗濯するという方もいますよ。

 

手洗いやおしゃれ着コースで洗った方が良い服とは?

おしゃれ着かどうか判断するのに、一番はやはり「洗濯表示」に従うことです。


「手洗い可」「ドライマーク」などのついているものは、洗濯機のドライコースで洗うことができます^^


その他の「洗濯機不可」や「ドライクリーニング」などのマークがついているものは、クリーニングへ持っていっておまかせしましょう。

 

 

文章だとわかりにくいと思いますので、洗濯表示についてはこちらのサイトをご参考になさってくださいね。

洗濯表示一覧|おしゃれ着洗いに衣類用中性洗剤アクロン|ライオン

 

表示を見てみると、ほとんどの服が手洗い推奨でおしゃれ着だったりするのですよね。笑


表示以外で洗濯機のドライコースで洗えるかどうか見極めるポイントは

  • 型崩れしやすいもの
  • 色落ちしやすいもの
  • ボタンやスパンコールなど装飾が多いもの
  • セーターやニットなど伸び縮みしやすいもの
  • レースなどの素材やデリケートな素材のもの

などがあります。

 

型崩れしやすいものは「スカート」「パンツ」「ワンピース」などですね。


色落ちに関してはおしゃれ着用洗剤の種類によっては、色落ちを防いでくれるものもあります。

 

 

しかしこちらに書いたようなものが、絶対にドライコースで洗濯可能というわけではありません


なるべく表示に従い、絶対に失敗したくない大事なお洋服はクリーニングへ出すのがおすすめです。

 

おしゃれ着の洗濯が多い時の対処法まとめ

おしゃれ着が多すぎてすべて手洗いするのが面倒!という場合は

  • 洗濯機のドライコースを使う
  • 洗う頻度を抑え、まとめてクリーニングに出す

などの対処法がおすすめです。

 

クリーニングは物によっては価格が高くなってしまう場合もあります。

そのためコートやダウンなど以外の衣類は、注意しながら洗濯機のドライコースで洗っている人も多いです。

 

 

ドライコースで洗う際は

  • 洗剤はおしゃれ着用の中性洗剤を使用する
  • 洗濯には綺麗な水を使う

というのがポイントです。


また、

  • 必ず洗濯ネットに入れる
  • 洗濯ネットに入れる前に衣類を裏返す
  • 洗濯ネットに入れるときは軽く畳む

などの一手間で衣類をさらに傷つけないように守ることができますよ。

 

洗濯表示でドライコースで洗うことが大丈夫だというのが確認できたら、おしゃれ着洗いに取り入れてみてくださいね^^