仕事終わりのジムはメイクしたまま行く?メイク派は意外と多い!

ジムでは「すっぴんの人」もいれば「しっかりメイクをした人」「薄くメイクをしている人」などいろいろな人がいます。


なのでメイクをしていても大丈夫ですし、もちろんトレーニング前に落としても良いでしょう。

 


ただ仕方なくメイクをしたままの場合もありますが、運動中にメイクをしたままで汗をかくと肌荒れなどの恐れもありますのでそういったところも考えて判断する必要があります。

 

そこでこの記事では

  • ジムに行くときのメイク事情
  • メイクをしたままトレーニングした後のスキンケア
  • ジムでのクレンジングやスキンケアのポイント

などを詳しくご紹介します。

 

 

仕事帰りのジムではメイクをするのは普通なのか、
運動するときにメイクするのってどうなのか?

と気になる方はぜひ続きを読んでみてくださいね。

ジムに行くときのメイク事情

f:id:kr0pyon:20210920233411j:plain

ジムの雰囲気によっても違いがあるので一概にはいえませんが、ジムでメイクをしている女性も意外と多いです。


しかし肌荒れしてしまうなどの問題もありますので、自分の事情に合わせてメイクをしたままにするか、落とすか判断しましょう。

 


それでは実際にジムに通っている人は

仕事帰りにメイクしている時、また家からジムに向かうときはメイクしていくのか?

ジムに通う場合のメイク事情をみてみましょう。

 

メイクしたまま派の理由

メイクしている時はそのまましていく

ジムの前に仕事があったり、何か用事がある人はメイクをしたままの人が多いです。


落とすのがめんどうというよりは、落とす時間がないというのが大きいですね。

 

 

特に仕事帰りだと疲れている場合もありますし、早くトレーニングして早く帰りたいという人もいるでしょう。


また残業などで、営業時間内でトレーニングできる時間が短くなってしまうからメイクを落としている暇はないという事情もありますね。

 

 

ジムに行く、行かないに関わらず普段から「皮脂崩れ防止」や「ウォータープルーフ」などの化粧品を使い、崩れにくいメイクを心がけているという人も多いです。


そのため汗をかいてメイクが多少崩れたとしても、そこまで気にするほどにはならないでしょう。

 

すっぴんになりたくないから

運動のためとはいえ、人前ですっぴんを晒したくないという人も多いですね。


メイクをしている場合は、汗をかいたらタオルで押さえるように汗をこまめに拭うという対策を取ると良いですよ。


ゴシゴシ拭いてしまうとメイクが崩れてしまいますので、そっとタオルを乗せる程度に汗を取り除くのがポイントです。

 

 

すっぴんになるのも嫌だし汗をあまりかかない体質なので、気にせずしっかりめにメイクするという人も。


また行き帰りの移動に電車を使う人は、すっぴんではやはり気になるという事情もありますね。

 

インストラクターさんもしているから

憧れのインストラクターさんや、目標になるような素敵なインストラクターさんがしていたから自分もしていくという人も。

 

  • 鍛えたスタイルだけでなく、顔までばっちり決まっていてかっこいい!
  • 自分もそうなれるように、気合を入れるためにメイクもしっかりする

と、モチベーションにしているのですね^^


レーニングを続けるうえで、自分の納得のいく自分でいるというのは大切ですよね。

 

知り合いに会う可能性があるから一応する

知り合いに会ってしまう可能性がある場合も、メイクをしていく理由となりますね。


しっかりメイクでなくても、「ベースメイクとアイブロウくらいは…」というナチュラルメイク派の人もいます。

 


化粧崩れなどは気になるけど、ジムの前に用事があるという場合などはナチュラルなメイクにしておくといいかもしれませんね。

 

メイクを落とす派の理由

肌が弱い、肌荒れしたくない

やはり運動をすると汗をかきますので、メイクをしているというのは肌のためには良くありません。


運動をして体温が上がると、汗をかいて毛穴が開きます。


その開いた毛穴に化粧や皮脂などが詰まってしまうと、細菌が繁殖してニキビなど肌荒れの原因になります。


そのため、肌が弱い人、荒れやすい人はなるべくメイクを落とした方が良いでしょう。

 

すっぴんでも気にならないから

人前とはいえ、ジムではみんなトレーニングに集中していて他人のことは気にしていないから

ということですっぴんでも大丈夫!という人も。

 


ジムの行き帰りは帽子を被ったり、マスク、サングラスなどで乗り切ると良いでしょう。


またメイクはしないとはいえ、日焼け止めはしっかりしてくださいね。

 

メイクをしたまま汗をかくと気持ち悪いから

「運動するときにメイクは不要」という人ももちろんいますので、ジムにはすっぴんの人も多いです。


単純に汗でメイクがどろどろになるのが不快だからという理由がありますね。

 

 

なので周りの目を気にしてメイクしていくか迷っている…ということなら、気にしなくても大丈夫ですよ^^

 

運動前のクレンジングやジム終わりのスキンケアのポイント

運動前にメイクを落とす場合

仕事帰りなどで時間がないけどメイクを落としてからトレーニングしたいという場合、クレンジングや洗顔をしっかりしなくてもメイクシートで落とすと良いでしょう。


なるべくゴシゴシ拭いて落とさないで、ゆっくりシートをメイクに馴染ませながら優しく落としてくださいね。

 

 

もちろん余裕がある場合は、クレンジングや洗顔料を使いしっかり落とした方が肌のためには良いです。


旅行用の小さめのクレンジングや洗顔料を持っていくと、荷物が少なく済みますね。

 

運動後のスキンケアのポイント

運動後はなるべく早めにメイクを落とす

メイクをしたままトレーニングする場合、帰りに時間がありそうならなるべくジムでメイクを落としていった方が良いでしょう。


先ほど書いたように運動後は毛穴が開いていますので、汗や皮脂、メイクによって毛穴が詰まってしまいます。

 

 

そして汗をかいた後は肌が乾燥しやすいため、

  • なるべく早めにメイクを落とし、汗を流し肌をきれいにして
  • なるべく早めに保湿してあげる

というのが大事です。

 

洗いすぎにならないように注意

ジムで洗顔する場合は、一日に洗顔する回数が少し増えますよね。


そのため、洗いすぎによる肌荒れが心配です。


クレンジングや洗顔の際は

  • ダブル洗顔不要
  • ミルククレンジング
  • 洗浄力が弱めの洗顔

など、肌に優しく油を取り除きすぎないものを選びましょう。

 

 

そして洗った後は必ず保湿をしてくださいね。


オイル系の保湿力の高い物を使用するのもおすすめです。

 

ジムでは簡易的なケア、家でいつものケアを

ジムでメイクを落とさずに帰る予定の場合は、メイクの上から使用できるミスト化粧水などをしてから帰りましょう。


これは先ほど書いたように、汗をかいた後は肌が乾燥しやすいためですね。

 

 

またジムでシャワーを浴びメイクを落として帰る場合は、ジムではオールインワンなどの簡易的なスキンケアで大丈夫です。


そして帰ってから、いつもしているしっかりしたスキンケアをしてくださいね。

 


余裕があれば、パックなどもすると良いでしょう。


メイクをしたままトレーニングをする場合は、特に肌を労わってあげてください。

 

ジムへ行くときの化粧事情まとめ

仕事や用事の帰りにジムに行くときは、

  • 落とす時間がないからそのままメイクしていく
  • すっぴんになりたくないからしていく
  • インストラクターさんもしているから
  • 知り合いに会う可能性があるから一応する

などの理由からメイクしたままの人も多いです。


もちろん

「肌に悪いから」
「汗をかくと気持ち悪いから」

という理由ですっぴんの人もいますので、もしすっぴんで行くとしても気にしなくて大丈夫ですよ^^

 

 

またジムの雰囲気によっても変わります。


まずは薄めにメイクしていってみて、周りを見てから次からどうするか判断するのも良いのではないでしょうか。

 

 

  • メイクをしてトレーニングをする場合は、トレーニング後になるべく早めに落とす&保湿
  • メイクを落とす場合は、家に帰ってからもしっかりスキンケアをする

というのも一緒に覚えておいてくださいね。